症例

こけた頬の3Dセルリフト(切らないフェイスリフト)症例写真(男性/30歳)

30歳の男性。頬のコケのご相談でいらっしゃいました。人から「太った?」と聞かれる程度に頬をふっくらさせたいとのこと。トライアスロンに参加なさるほど鍛えられた筋肉質の体型で、皮下脂肪がほとんどありません。 自然に頬をふっくらさせるには、糸と脂肪を使った最新の治療法、3Dセルリフトです。使用する脂肪の量は、わずか50ccで十分なので、皮下脂肪が少ない方でも大丈夫です。 まず、本来ボリュームのあるべき位置に吸収性の特殊な糸を挿入し、皮膚のたるみを元の位置に戻すと同時に、脂肪の注入スペースを確保します。顔全体のバランスを考慮し、適切な位置に良質な脂肪を注入することで自然な立体感となります。 写真の通り、目の下のシワが完全に消失し、頬が上がりました。肌艶も改善され、大変満足いただける結果となりました。

こけた頬の3Dセルリフト(切らないフェイスリフト)に関連するモニター・キャンペーン

  • 3Dセルリフト(切らないフェイスリフト)

    進化した脂肪注入技術で実現した顔のリフトアップ施術

    3D Cell Lift(3Dセルリフト)は、単なるリフトアップではなく、老化で失われた顔の立体感をも取り戻すアンチエイジング施術です。ステムセル(幹細胞)を豊富に含むファットセル(脂肪細胞)を計算して注入する高度な技術力が、自然な仕上がりを実現します。

    3Dセルリフト(切らないフェイスリフト)

    • モニター2

PAGE TOP

関連するまとめ記事