コラム

割れ顎・ニキビ跡・福耳 細部治療のベスト注入材

マイクロCRFはやっぱり再生医療のキーマンでした

マイクロCRFはやっぱり再生医療のキーマンでした

細部のボリュームを補う注入材といえばヒアルロン酸が有名ですが、昨今はマイクロCRFという脂肪注入の需要が高くなっています。数ヶ月で吸収されるヒアルロン酸と違い、効果が長く持続する点が魅力。
なぜならマイクロCRFとは、究極までクリアに精製されているダイヤモンドのような脂肪なので注入量の90%が定着するのです。不純物は極限まで取り除かれ、微細で若い健康な脂肪細胞脂肪幹細胞だけで生成されています。そのため、細かい部位のボリューム補給や肌色・肌質改善に画期的な効果をもたらし、ハイグレードなアンチエイジング治療では欠かせない注入材。
国内外で再生医療の重要性が世間を席巻して久しいですが、マイクロCRFはまさに再生医療における希望の象徴と言えるでしょう。しかし、その特性は意外な治療にも大きな効果をもたらすことは広く知られていません。

割れ顎、ニキビ跡、耳の形などの悩みを華麗に解決

割れ顎、ニキビ跡、耳の形などの悩みを華麗に解決

人間の顔はほんの少しバランスが狂うだけで、麗しさの印象も変わるものですが、マイクロCRFは細部のニッチな悩みまで解決できます。
例えば割れ顎の改善、クレーター状になったニキビ跡(痕)の治療、そして金運を呼ぶと言われている福耳の形成。
これらのアプローチには今までヒアルロン酸が用いられてきましたが、粒子が大きいため必要以上にふくらみ、注入跡が目立ってしまうリスクがありました。しかし、マイクロCRFは最高級の微細な粒子なので、繊細な場所にも適量を注入することができ美しく形成することが可能。術後に形がくずれる心配もなく、長くキレイな状態をキープできます。
また、唇のボリューム改善などにも適応しているので、マイクロCRFの活用度はアンチエイジングの枠を大きく越えているでしょう。
美容効果のクオリティーや幅広さから、“細部治療のベスト注入材”と評しても過言でありません。

関連するまとめ記事

関連するお悩み