コラム

脂肪吸引モニターに聞く! ダウンタイムを乗り切る痛みケア

脂肪吸引術後のダウンタイムで痛みが不安な方に読んでいただきたいコラムです。
ダウンタイムを乗り切るには? 脂肪吸引を経験したTHE CLINICのナースやコンシェルジュが、実際の体験談からオススメの痛み対策法をお教えします!

脂肪吸引モニターに聞く「ダウンタイムってどんな症状? 」

脂肪吸引モニターに聞く「ダウンタイムってどんな症状? 」

脂肪吸引で人気の部位と言えば、太もも、お腹、二の腕といったところ。程度は様々ですが、術後は痛みや腫れ、内出血、むくみ、硬縮などの症状が一定期間現れます。これはダウンタイムと呼ばれる、脂肪組織が回復する過程で現れる症状のこと。低負担で済むベイザー脂肪吸引ですらダウンタイムは0ではありません。そのため、快適な術後ライフが送れるよう症状に適したアフターケアを行なうことが重要です。
施術部位や吸引量にもよりますが、中でもアフターケア次第で変わってくる症状の1つが、術後すぐに現れる「痛み」。数日間はひどい筋肉痛のような痛みがあり、徐々にピリピリする程度に和らぎ、およそ1〜2週間で消えていきます。
痛みによるダウンタイム。その基本的な対処法としては、ドクターから処方される鎮痛薬や保冷剤でのアイシング、血流を良くする…などが挙げられますが、実生活の中では具体的にどんなケアが役立つでしょうか。
実際に脂肪吸引を経験したモニター(THE CLINICのナース&コンシェルジュ)20人に、痛みのダウンタイム症状を和らげるために有効だったことは何か、アンケートを実施しました。

痛みのダウンタイム緩和に、脂肪吸引モニターは何を使った?

痛みのダウンタイム緩和に、脂肪吸引モニターは何を使った?

脂肪吸引後の痛みの症状は、顔や二の腕などは軽度で済むことが多い一方、腹部周辺やお尻、太ももなど脂肪量の多い部位を施術したときは顕著に出ます。物に触れるなどの外的刺激を受けると痛みが増すため、脂肪吸引箇所はガードルでしっかり守ることが1番の対策。THE CLINICで無料貸与しているガードルはサイドが開閉式になっているため、「術部に直に当てることなく、ダウンタイムも楽に着用できる!」とスタッフモニターたちの間で好評でした。
また、お尻や太ももの脂肪吸引をした人は椅子に座るときに痛みが出るため、クッションを敷いて刺激を和らげたとの声が多数。トイレに座る時は特に痛むものですが、「脂肪吸引後に便座に座る時は、両手を壁について尻部を浮かせた」「ダウンタイムは、分厚いスポンジを便座に貼って痛みをしのいだ!」という回答があり、これが効果てき面とのこと。 さらに、脂肪吸引後3日間の痛みピーク期には睡眠中の工夫もおすすめのようで、「寝返りすると目が覚めるくらい痛い。あらかじめ布団中にクッションや枕を敷いた」ことで、太もものダウンタイムの苦痛を和らげたという体験談もありました。

脂肪吸引後のダウンタイムと上手に付き合おう!

毎日のように脂肪吸引施術に携わっている、THE CLINICのスタッフモニターたちが行なった、ダウンタイムの痛みケア。とにかく脂肪吸引後、痛みを感じる間は外的刺激から身を守る予防策が重要という結論になりました。太もも、お腹、二の腕など、ケースによってダウンタイムの過ごし方に関するさらに細かなアドバイスもできるので、お悩みの方はドクターやナースにお問い合わせください。

【このコラムの関連ナンバー】
脂肪吸引モニターに聞く! ダウンタイムを乗り切るむくみケア
脂肪吸引モニターに聞く! ダウンタイムを乗り切る硬縮ケア

関連するまとめ記事