コラム

豊胸脂肪注入の失敗「感染症」の起こる理由

脂肪注入豊胸で感染症が起こる条件

脂肪注入豊胸で感染症が起こる条件

脂肪注入豊胸による代表的な失敗と言えばしこりですが、感染症も未だ無くならない不安要素の1つ。そんな感染症のリスクが最も高い豊胸法と言えば、採取した脂肪から茶こしで麻酔液や血液を生理食塩水で洗浄する、従来の脂肪注入豊胸です。原始的で老化細胞や死活細胞が残ったままになるうえ、加工時に脂肪が空気に触れるため、空気中のバイ菌(細菌やホコリ)が脂肪に付着する確率が高くなります。すると、バスト内にもバイ菌が入ってしまい、アレルギーや拒否反応を引き起こすことに。
高熱や痛み、皮膚の赤みといった感染症へと進行するため、バイ菌の混入は医学用語でコンタミネーションと呼ばれ、現代では危険視されるようになりました。
古くからの名残りで先述のような豊胸法を行なうクリニックは未だ存在しますが、主流はコンデンスリッチ豊胸に代表される〝良質な脂肪で、空気に触れさせないまま注入できる〟安全な方法に推移しています(2015年現在)。

コンデンスリッチ豊胸でも感染症が起こる?

コンデンスリッチ豊胸でも感染症が起こる?

しかし、安全なはずの「コンデンスリッチ豊胸」でも感染症が起こるケースがあります。これは予備知識を持たない患者さんでは、見破れないカラクリが原因なことも。
それは、通常あってはならないことですが、「コンデンスリッチ豊胸」と謳いながらも実は、正規のコンデンス加工を行なっていない、または加工していない脂肪も半量ほど混ぜて注入する悪質なクリニックの場合……。コンデンスリッチファット(CRF)は手間がかかるため、なんとか人件費を削減させたい一部のクリニックが「独自の加工方法でCRFに濃縮しております」と説明して、ごまかすことがあるのです。これはCRF協会へ被害報告が相次いでいることから、厳重注意の呼びかけも行なわれていること。
また、純度100%のCRFであっても1ヶ所にまとめて注入したり、片胸400cc以上など過度な脂肪量で注入する場合は感染症のリスクがUP。脂肪に十分な酸素が行き渡らないことで脂肪が壊死し、壊死した組織に菌が増殖することがあるのです。この注入法により多くの方はしこりになりますが、免疫力のない方は感染症になってしまいます。そういう点でも、少量ずつまんべんなく注入することは非常に重要な意味を持っていると言えるでしょう。
本来、最も低リスクなはずのコンデンスリッチ豊胸で感染症が起こるケースでは、このような倫理観のないクリニック注入技術の不足したドクターが原因。「医師免許を持ってる先生だから大丈夫」と信用し過ぎず、術前カウンセリングではどんどんリスクチェックを行ないましょう。
例えば、注入方法やコンデンスリッチ豊胸の症例数をチェック。さらに正規のコンデンスリッチ豊胸なら必ず発行される「CRF正規プロセス証明書」 の有無も確認して、不安因子を0にすることをオススメします。

関連するまとめ記事

関連するお悩み