コラム

トラブルによって進化したシリコンバッグの種類

豊胸バッグは一般的に「シリコンバッグ」という総称で呼ばれています。そんなシリコンバッグは、様々なトラブルによって進化しました。今回のコラムでは、耐久性を追求するシリコンバッグの歴史をご紹介します。

破損や副作用と紙一重だった初期の豊胸バッグ

破損や副作用と紙一重だった初期の豊胸バッグ

美容外科の黎明期には、豊胸材料としてシリコンジェルを直接胸に注入することもあったようです。しかし、これが皮膚に浸潤して炎症を起こしたりバストが変形したりと、悲惨な経過を辿るケースが続出したため、シリコンの皮膜に包んで挿入するようになりました。これがシリコンバッグの始まりです。
1990年あたりまでのシリコンバッグは、液状のシリコンを表面がつるつるの皮膜で覆った構造でした。しかし、この頃のシリコンバッグは耐久性も低く、万一漏れ出したときに先のシリコンジェルのような副作用が生じたり、シリコンバッグの成分が自己免疫疾患(原因不明の皮膚、関節疾患など)を引き起こしたりする疑いが持たれ、1990年代の当初に全面的にその使用が差し控えられ、生理食塩水バッグの時代に移行しました。

豊胸バッグのトラブルを軽減する工夫と成果

豊胸バッグのトラブルを軽減する工夫と成果

しかし、この生理食塩水バッグは万一漏れても害がないものの質感がどうしても不自然ということもあり、1990年代後半からはムコ多糖類を主成分とした、柔らかいPIPやCMC(カルボキシメチルセルロース)などを包んだバッグが登場し、多く用いられるようになりました。
しかし、これらも経年劣化で内容物が漏れ出し炎症を起こすケースが報告され、ついには近年、フランスで回収騒ぎになったことも記憶に新しいところです。
2000年代になり、シリコンバッグの癌化や自己免疫疾患との関連が否定される論文が相次いで発表されると、再びシリコンバッグが人気を取り戻します。とは言え、シリコンバッグが異物であることには違いないので、組織に馴染みが良いようにバッグ表面にザラザラの加工を施したり(テクスチャードタイプ)、たとえ破れてもシリコンが流れ出さないよう内容物を加工したり(コヒーシブシリコン)するなど、各メーカーとも工夫がなされました。
そして2006年11月、アメリカのFDA(日本の厚労省のような機関)はメンター社、続いてアラガン社のシリコンジェル乳房インプラントを承認しました(※適応:22歳以上の女性の豊胸手術及び女性の乳房再建)

人工物から自己組織へニーズが変化

人工物から自己組織へニーズが変化

しかし、人工物ゆえにカプセル拘縮というバッグを入れたスペースが狭くなって硬くなる症状を100%防ぐことはできません。また、胸に埋め込み手術をしてから、形の不自然さや違和感に気づき、罪悪感で苦しんでいる女性が多いのも事実です。
そこで見直されてきたのが、脂肪注入による豊胸術です。実は脂肪注入法も、しこりや定着率の悪さなどが原因で、アメリカではヒアルロン酸注入同様、長らく禁止されていた歴史があります。しかし近年の医療研究の進歩により、脂肪の定着に関与する様々な細胞の働きが解明され、コンデンスリッチ豊胸などの方式が開発されたことにより、異物を使いたくないというニーズに応える施術として急速に広まっています

関連するまとめ記事