コラム

男性の胸に異常!? 女性化乳房の原因と対策

ホルモンの異常? 乳腺!? 女性化乳房の原因

THE CLINICのゲストのうち、約3割は男性。他院に比べてかなり高い数値ではありますが、そんな男性ゲストから寄せられるお悩みと言えば、男性の乳房が女性のバストように膨らむ女性化乳房の症状です。「女性化女房」だと間違えている人も少なくない、男性の胸の異常。この膨らみには2つの原因があります。
そのひとつが乳腺の発達で、これは真性女性化乳房と呼ばれます。すべての症例がそうではありませんが、当院での治療で印象的だったのは、片方の乳房だけCカップくらいあり、キレイな女性のバストのようになっていたケース。実際のエコー検査でも、片方の乳腺は全くなく、片方は女性のバストのエコーと同じように発達した乳腺を確認しました。
乳腺発達の要因は様々考えられますが、代表的なものをあげるとすれば、ホルモン異常と薬の副作用でしょう。男性の持つ女性ホルモンは通常なら肝臓で分解されるはずですが、肝機能が低下すれば乳腺を発達させる作用を持つ女性ホルモンが増加します。また、思春期や更年期などホルモンバランスの乱れで胸部が膨らむことがあります。さらに、高血圧の治療薬である『アダラート』や育毛薬の『プロペシア』など、一部の薬には女性ホルモンとよく似た作用を持つものもあるため、そういった薬の服用で症状が現れることも考えられます。
そして、もうひとつの原因は乳房に皮下脂肪が蓄積されて膨らむというものです。生まれつきそういった体質の方もいますが、多くは過剰なカロリー摂取による肥満が原因。そして、女性化乳房のほぼ大半を占めているのはこの偽性女性化乳房なのです。

真性女性化乳房と偽性女性化乳房で違う治療法

真性女性化乳房と偽性女性化乳房で違う治療法

真性女性化乳房の治療では乳腺切除を行なう必要がありますが、乳輪周辺や乳房の下側という傷口が目立たない位置からアプローチしますし、手術も60分程度で完了します。真性と偽性の混合というケースもありますが、偽性女性化乳房なら脂肪吸引(30分程度)で改善することが可能です。ただし、偽性女性化乳房をエコーで確認するとよく分かるのですが、乳腺こそないものの線維化の強い状態。そのため、従来の脂肪吸引で脂肪を除去するのは困難な場合も……。
そんな偽性女性化乳房に有効なのが、特殊な超音波で脂肪を組織から遊離することのできるベイザー脂肪吸引です。このベイザー脂肪吸引を高い技術で操作すれば皮膚の収縮作用も得られるため、乳房のたるみを防ぐこともできます。さらに脂肪量が多いケースでは、ベイザー専用の電動カニューレ「パワーX」などの器具を使用することで、よりしっかり脂肪を除去することも可能です。
ただし、的確に治療するには乳腺用エコー検査での原因診断が必要なので、お悩みの方はまず検査設備のあるクリニックへご相談することをおすすめします。

関連するまとめ記事