コラム

〝目の下キレイ〟がエイジレスの絶対条件

顔の印象を大きく左右する目の下のクマには、青グマ・茶グマ・黒グマの3種類があります。普段のケアだけではなかなか改善できないのが現実……。今回は、それぞれの症状比較と原因、新治療による改善法について詳しくご紹介します。

原因は全部違う、青グマ・茶グマ・黒グマ

原因は全部違う、青グマ・茶グマ・黒グマ

クリアな目元は若々しく利発な印象をアピールするための大事な要素。特に、女性にとっては華やかさ、明るさ、愛らしさといった女性感を表すパーツとして外せません。しかし、年齢とともに表面化する目の下のクマによって、本来の魅力が半減されている人が実際には大勢います。そんな目の下のクマにも、様々な特性や原因があり、メイクでは根本的な改善は不可能。そこで、今回は原因解説とともに、クリニックだからこそ行える最適な治療法をご紹介します。
まず、クマの種類は青グマ・茶グマ・黒グマの3つ。青グマは周辺の血流が滞っていることが原因。目の周りには多くの毛細血管が通っていますが、停滞が続くと脂肪も萎縮して皮下組織が透けるため、メイクでカバーしきれないほど青くなってしまうのです。
そして茶グマは、紫外線が主な原因。ダメージが重なると色素沈着を起こすため、皮膚がくすんだ茶色になってしまうのです。また、マスカラなどのクレンジング不足により徐々に茶色く変色するケースも。この場合は目の下だけでなく、まぶたにクマが表れることもあります。
最後の黒グマは、加齢により頬が垂れて目の下の脂肪と頬の間に段差ができてしまうことが原因。この段差によって影ができ、黒ずんだように見えるのです。クマが広範囲なことと、老化に伴う血流停滞を併発しているケースが多いため、コンシーラーなどのメイクでは厚ぼったくなり余計に目立ってしまうでしょう。

『CO2メソセラピー』の活用で、根治可能になりました

『CO2メソセラピー』の活用で、根治可能になりました

そんな3種類のクマの中でもお悩みとして多いのが、アイコスメでカバーしづらい青グマと黒グマ。THE CLINICでは、それらを治す方法として『CO2メソセラピー』という有効な施術メニューをご用意しました。
多くのクリニックでは青グマに対し、ヒアルロン酸や脂肪を注入する対応をとりますが、青白く浮き立つ特性を持つヒアルロン酸では青さが余計に目立ち、従来の脂肪注入では皮膚の表面が盛り上がって凸凹になる問題が多発。
その点、CO2メソセラピーは極細の針を用いて、血流促進作用のある高い濃度の炭酸ガスを目の下に注入する方法なので、青グマの原因、血流の滞りを根本から改善することができます。また、毛細血管の再生を促して血流を良くする『W-PRPプレミアム』も効果的でしょう。さらに、脂肪の萎縮も見られる場合は、自身の良質脂肪である『マイクロCRF』を注入してボリュームを補い皮下組織の透け感をカバーできるため、ケース別に最適の対処法を選択することが可能になりました。
頬の下垂が大きな原因の黒グマの解消に対しても、上述のセット施術が有効。肌色改善の作用もあるので、若々しい印象を取り戻すのにとても効果的なのです。
このように、目の下のクマの種類と原因はさまざま。今回は治療プランの一例をご紹介しましたが、同じクマの種類でも症状の度合いでベストな治療法は異なります。ご自身では種類の判別も難しいことがあるため、当院ではカウンセリングから診察し、最適な治療法をご提案いたします。

関連するまとめ記事