コラム

お腹の内臓脂肪と皮下脂肪の違いによる脂肪吸引の効果

お腹には”つまめる脂肪”と”つまめない脂肪”があります。この脂肪の比率が脂肪の吸引量を大きく左右するのをご存知ですか? お腹の脂肪吸引で取れる脂肪と、取れない脂肪についてご紹介するコラムです。

皮下脂肪を確実に落とすベイザーリポ

内臓脂肪と皮下脂肪の違い

お腹まわりの脂肪には"つまめる皮下脂肪"と"つまめない内臓脂肪"の2種類からなります。内臓脂肪は食事や運動など生活習慣の改善である程度の効果が期待できるのですが、皮下脂肪は最後まで落ちてくれません
このような自分では落としにくい皮下脂肪が多いようなら、ベイザーリポ2.0(ベイザー脂肪吸引)で最小限の負担に抑えつつ、確実に脂肪を除去することが可能です。極度の肥満の方でも、お腹周りの皮下脂肪がスッキリすれば身動きしやすくなるため、運動を始めるきっかけにすることもできます。具体的には、つまめる脂肪が多くある人で、そのうち約3/4の脂肪を除去することができますから、つまめる脂肪は現状の1/4くらいの厚さにまで減らすことが可能です。
ひと回り小さな洋服が入るようになれば、自己管理にも弾みがつくのではないでしょうか。

関連するまとめ記事