ページトップに戻る

脂肪吸引の術後ケア体験談・口コミ【やってよかった硬縮編】

硬縮とは皮膚がこわばるような症状のこと

硬縮とは皮膚がこわばるような症状のこと

脂肪吸引術後のダウンタイム軽減法をお伝えするシリーズ。『痛み編』『むくみ編』と続き、今回は第三弾『硬縮編』です。
硬縮(こうしゅく)とは、痛みやむくみが治まってくる術後1週間頃から現れる症状。脂肪がなくなった空間部分や組織がダメージを修復しようとして、体内に線維質を作ることから起こります。この線維質こそ皮膚と皮下層を安全に付着するために必要なのですが、肌表面から触った場合は、硬くデコボコと皮膚の引きつれるような感覚を覚えるでしょう。
通常の治癒反応のため、術後3ヶ月〜半年頃までに自然と回復されますが、セルフケアでぐっと違和感を軽くすることができます。例えば皮膚をほぐすケア運動対策などが有効でしょう。血流を改善すると、栄養素が豊富に術部に送られるため、回復が早くなります。

術部をあたため皮膚をほぐす対策が効果的

術部をあたため皮膚をほぐす対策が効果的

実際に脂肪吸引を行なったTHE CLINICスタッフ20人も、「術部をマメにケアすることでかなり楽になりました」と、術後当時を振り返りました。例えば、頬や顎の脂肪吸引をしたスタッフたちからは「高周波美顔器やコロコロローラーが有効だった」といった声が多く、「顔じゅう当てていたら、皮膚がほぐれて柔らかくなりましたよ」とのこと。顔はダウンタイムが軽いため、数回のケアですっかり改善したという人がほとんどでした。
一方、硬縮症状がハッキリ現れやすい二の腕や腹部、内もも、ふくらはぎの脂肪吸引を行なったスタッフたちは、さらに積極的にケアを行なっていました。まず、むくみ同様に「加温や高周波トリートメントで血行促進を」とのこと。しびれの解消効果が高いため、毎日のシャワーを入浴に切り替えると良いそうです。
また、硬縮期には痛みが治まっている人が多いため、マッサージ、ストレッチで体を動かす対策をするスタッフが大勢いました。「毎日、硬縮部分をつぶすように指圧マッサージしたら、腕や脚が動きやすくなった!」という声や「かゆみもあったからニベアで保湿対策しつつ、ヨガで皮膚を伸ばすようにストレッチ。こわばり感がなくなりますよ!」という体験談も。
このように、ちょっとしたケアが、脂肪吸引後の硬縮期間を乗り切るポイントのようです。
ダウンタイムにお悩みや不安を抱えている方は、ぜひ下記の『痛み編』『むくみ編』も合わせて参考にしてみてくださいね。

【このコラムのバックナンバー】
痛み編・脂肪吸引体験ナース20人に聞いた!〝やって良かった術後ケア〟
むくみ編・脂肪吸引体験ナース20人に聞いた!〝やって良かった術後ケア〟

コラムのポイント

  • 脂肪吸引後の硬縮は術後1週間頃から起こる、皮膚の引きつれ感のこと
  • 通常3ヶ月〜半年頃までに自然に治まるが、ケア次第で軽減可能
  • 術部をほぐすようなマッサージやストレッチが効果的との声多数!