ページトップに戻る

本当はできる バストを傷つけないバッグ抜去

豊胸バッグを脇から除去できない本当の理由

豊胸シリコンバッグを胸から除去(抜去)する場合、可能な限り傷をつけない、増やさないというポリシーから、THE CLINICでは挿入口である脇の傷から除去します。しかし、カウンセリングやメール相談において、シリコンバッグの豊胸手術を受けたクリニックで脇からの除去は難しいと言われアンダーバストから取り出したものの、目立つ傷が残ってしまったというお悩みをお伺いすることがあります。このような場合、ほとんどは医師の技術的な問題で断られていると考えられます。
確かに傷は増えないのですが、脇からだと豊胸バッグまでの距離が遠く、取り出す最中にカプセル(皮膜)内でバッグが破損してしまう可能性があります。こうならないためには熟練した技術が必要なので、比較的簡単に摘出できるアンダーバストや乳輪周辺を選択する医師も多いのです。

脇から抜去できない稀なケース

脇から抜去できない稀なケース

ただし、例外もあります。豊胸手術から10年以上が経過していると石灰化や炎症が強く起きていることがあり、稀にカプセルごと取り除く必要が生じます。このようなケースだけは、直視下に確認できる乳輪やアンダーバストからのアプローチになることがあります。
しかし通常は、脇から入れた豊胸バッグなら十中八九、脇から抜去することができます。万が一、脇からの抜去ができないと言われたら、一度当院にご相談ください。

コラムのポイント

  • アンダーバストや乳輪周辺からの抜去は傷跡が目立ってしまう
  • 脇から抜去できない理由のほとんどがドクターの技術力
  • カプセルごと取り除く必要がある場合以外は、脇からの抜去が可能