ページトップに戻る

水の脂肪吸引ボディジェットとベイザー脂肪吸引を比較

低負担なジェット水流

低負担なジェット水流

ボディジェット(Water Assisted Liposuction:WAL)は、カニューレの先から出るジェット水流で分解した脂肪を吸引することから、ウォータージェットとも呼ばれている脂肪吸引法です。従来の超音波(UALやEUA)のような熱エネルギー以外で脂肪を分解できないかという発想から開発されました。
そのメカニズムは、水の力で組織を分離(脂肪細胞間および脂肪組織と筋肉組織など)するというもの。熱が発生しないので熱傷のリスクがなく、また、事前に脂肪を吸引しやすいように分離するため周辺組織への負担、ひいては体への負担が少ないというメリットが注目され、2007年に日本も導入、現在も行われている手法です。

水のメリットと限界、そしてデメリット

日本導入の初期からこのボディジェットを使っていた山川統括指導医。従来の手法よりも出血量が少なかったこともあり、その当時は毎日のようにボディジェットでの脂肪吸引を行っており、相当数の症例を経験したそうです。
しかし、一度に多くの脂肪を取ることにはあまり向いていなかったようです。なぜなら、たくさんの水を用いるため脂肪を除去したスペースに停滞する水分も多くなります。脂肪を取れば取るほどそのスペースも広くなるので、ひどくむくんでしまうのです。実際に、予想より強い腫れがしばしば起こることがあったと言います。
またジェット水流には、細胞密度が高く硬い、浅い層の脂肪組織を柔らかくするまでの力はなく、皮膚の引き締めを促す表層の脂肪吸引(スーパーフィッシャルリポサクション技術)にはあまり向いていませんでした。同様の理由で、線維質で組織が硬い上腹部や二の腕の肩周辺、太ももの外側などには、あまり有効ではなかったようです。
そのような経緯もあり、THE CLINICでは低負担で硬い組織にも有効なベイザーリポ(ベイザー脂肪吸引)が日本に紹介されたと同時に、そちらを使用するようになったのです。

【このコラムのバックナンバー】

コラムのポイント

  • 熱傷の恐れのある熱エネルギー以外で脂肪を分解しようと開発された技術
  • 水の力で分解した脂肪を吸引するので、出血量が従来よりも少ない
  • 水分が多いので腫れ(むくみ)やすく、また水の力では硬い組織に適応しない