ページトップに戻る

脂肪をたくさん取るために必要な条件

患者様がもっとも気にすることは

患者様がもっとも気にすることは

カウンセリングを終え、いざ手術というときに多いのが、「先生、できるだけ多く脂肪を取って下さい」という言葉。
これに対し、「わかりました。可能な限り脂肪を取りましょう。もちろん、皮膚の質感やデザインがおかしくならないように配慮します。」とお答えしていますが、その度にニーズの高さを感じます。そして、手術が終わってから取れた脂肪を見ると皆さん感動されます。

たくさん取りつつ引き締める 一石二鳥の秘密

他の脂肪吸引と同じ条件であれば、より体への負担が少なく、より多くの脂肪を取ることができるのがベイザーリポ2.0(ベイザー脂肪吸引)です。それは、ベイザーリポ2.0のプローブが発する超音波の振動が脂肪組織に選択的に反応し、周辺組織のダメージを抑えながら脂肪組織だけを柔らかく遊離させるからです。
この効果は、皮膚に近い浅い層の脂肪で、より他の脂肪吸引との違いを実感できます。浅い層の脂肪は通常の脂肪吸引では取りにくく、無理に行うと皮膚の質感を損ねてでこぼこになりやすいのです。ただし、この部位の脂肪を上手く取ることができれば、皮膚の引き締め効果が得られます。その効果は通常の脂肪吸引に比べると、約1.5倍! ベイザーリポ2.0が、たくさん脂肪を取れるだけでなく皮膚のたるみ改善に有効なのには、このような理由があるのです。

優れた道具だからこそ必要なものとは?

優れた道具だからこそ必要なものとは?

一方で、このような優秀な"道具"だからこそ、ドクター自身のボディデザイン能力が重要になります。吸引しやすい箇所などをよく考えずにむやみに根こそぎ取ってしまうと、余計なところまで取れ過ぎてしまい、いわゆる失敗した仕上りになってしまうからです。太ももの脂肪を根こそぎ取ることでお尻が下がったり、お尻のシワが増えたりしているケースがこれに当たります。
それだけでなく、将来的な年齢による体の変化も、施術においては考慮しなければなりません。
ベイザーリポ2.0(ベイザー脂肪吸引)のデザインは実は奥が深いのです。
THE CLINICではこのようなノウハウを全ドクターで共有しています。
また、他院への技術指導も惜しみなく行っています。

コラムのポイント

  • 少ない負担でよりたくさんの脂肪を取ることが可能なベイザーリポ2.0
  • ベイザーリポ2.0の引き締め効果は通常の1.5倍
  • 高性能な機器こそドクターの技術力やセンスが必要不可欠