ページトップに戻る

間違った治療でしこりが増える!? その真相を直撃!

脂肪注入やヒアルロン酸豊胸でしこりが出来た場合、問題なのは除去の方法です。他院で行なわれているエコー診察なしの"溶解注射"や"圧迫分解"の危険性とは? しこりを安全に除去する方法をご紹介します。

マンモグラフィーでしこりが分裂!?

マンモグラフィー検査で胸のしこりが分裂する理由

他院で受けた豊胸術でしこりができてしまったという方を診察する機会の多いTHE CLINICですが、そのエコー検査で驚きの症例を目にすることがあります。それは、2つのしこりがつながった状態で存在しているというもの。話を聞けば、最近マンモグラフィーを受けられたとのことでした。また、しこりを押しつぶす治療を受けたという方のエコー検査でも、同様の症例を見かけることがあります。 しかし、壊死脂肪やヒアルロン酸でできているしこりが増殖することはありえません。つまり、圧力によってしこりが破裂し、漏れ出した中身が新たなしこりになったと考えられるのです。

罪深きは無知なドクター

適切なしこり治療の例

では、なぜ押しつぶすとしこりを除去できると考えられていたのでしょうか? 実はこの治療法、ドクターの知識のなさが露呈された方法とも言えるものだったのです。
実際はヒアルロン酸も壊死した脂肪も、被膜で覆われると吸収されることはありません。また、つぶして中身を被膜から出しても、そのすべてが吸収されてなくなるというのは期待薄です。つまりドクターが、つぶしてしまえばいつかは吸収されるだろうと安易に考えていた、もしくは深く考えていなかったということが予想されます。事実、知識がないために、ヒアルロン酸のしこりへケナコルト(脂肪を分解する酵素)を何度も注射するドクターもいるようです。
しこりを完全になくすためには、エコーでしこりを目視しながら確実に分解したり除去したりすることが必須条件。触診だけを頼りにした方法ではピンポイントなアプローチができないため、完全に除去することは難しく、しこりが消滅したかどうかも確認できないので、残ってしまうことが少なくありません。
そして恐ろしいのは、このような間違った治療を繰り返すことで、しこりを完全に取り除くことがエコー下でも困難になってしまうこと。そうならないためにも、最初から正しい方法で治療することが大切なのです。

コラムのポイント

  • 押しつぶす治療で、逆にしこりが増えてしまうケースもある
  • エコーガイドのもと、しこりを目視しながら行うのが正しい治療法
  • 間違った方法を繰り返すと、正しい方法でも治療が困難になる