ページトップに戻る

マイクロCRF注入(顔の脂肪注入)

  • 特徴
  • 症例
  • 施術の流れ
  • 料金
  • キャンペーン
  • お悩み相談集

目の周りにもおすすめできる初の注入素材

マイクロCRF注入(顔の脂肪注入)しわやたるみなどのエイジングサイン(老化症状)に対する代表的な施術として、ヒアルロン酸注射や脂肪注入があげられます。ただ、目の周りや首、手の甲といった皮膚の薄い繊細な部位では、ヒアルロン酸注射の硬さや青白く透けた感じが気になったり、脂肪注入も肌表面がデコボコしたりする問題がありました。
そんな懸念を払拭したのが、マイクロCRF注入です。マイクロCRFは採取した脂肪から10%しかとれない、良質でとても微細な脂肪細胞。とても滑らかなので伸びも良く、目の周りのたるみや小じわに対しても、とても自然な仕上がりが得られます。

マイクロCRF注入(顔の脂肪注入)の施術1

効果を左右する脂肪幹細胞が従来の約3倍

マイクロCRFで特筆すべきは、脂肪幹細胞も豊富に含まれている点です。脂肪幹細胞とは、注入後に脂肪細胞など特定の細胞に分化(変化)する、言わば細胞の卵。つまり、脂肪幹細胞が豊富なほど高い効果が期待できるのです。
マイクロCRFの場合、まず採取した脂肪から良質な脂肪と脂肪幹細胞で構成されるCRF(コンデスリッチファット)を抽出。それを専用装置にかけ、さらに微細な脂肪細胞と脂肪幹細胞を濃縮します。こうして加工されたマイクロCRFには、実に一般的な脂肪注入法の約3倍もの脂肪幹細胞が濃縮されていると言います。

マイクロCRF注入(顔の脂肪注入)の施術2

組織の再生で肌にハリが蘇る

脂肪幹細胞は脂肪細胞の他、血液細胞や肌細胞にも分化。これまでコラーゲン線維をつくり出す細胞とされてきた線繊芽細胞と同等のコラーゲンの産生も認められています。さらに、マイクロCRFには脂肪幹細胞だけでなく、肌を活性化する成長因子(グロスファクター)も大量に含まれています。
これらの作用から、血流増加やコラーゲン増加による肌組織の再生が見込めるため、肌のハリや肌質改善も期待できるのです。実際、マイクロCRF注入を受けられたゲストからも、効果を実感したという声をいただいています。

マイクロCRF注入(顔の脂肪注入)の施術3

従来の脂肪注入の問題点がクリアに

従来の脂肪注入法の注入素材には、正しく注入してもしこりになったり、石灰化を起こしたりするリスクが否めませんでした。一方で、マイクロCRF注入は、注入する脂肪に不純物がないので、脂肪の質としてのしこりや石灰化のリスクが極限までクリアに。
また冒頭で触れたように、従来法の脂肪を繊細な部位に注入するとデコボコなるといった懸念もありましたが、マイクロCRFの極微細な脂肪細胞でその問題は払拭されました。ヒアルロン酸注入などと同じくらい細い注射針で注入できるため、内出血や傷跡の心配もありません。

日本医療脂肪幹細胞研究会 CRF協会より正式認可を受けております

マイクロCRFを提供するには、専用の機器が必要です。しかし、類似サービスを紛らわしい名称で展開するクリニックも存在します。そういったクリニックの横行を阻止するため、CRF療法の正しい普及を目的に活動する日本医療脂肪移植研究会 CRF協会では、専用機器を使用した正規のプロセスを行っているクリニックだけに認証マークを発行。THE CLINIC もその認可クリニックのひとつです。

お客様に安心していただくために
CRF正規プロセス証明書を発行します

THE CLINICでは2012年1月より日本医療脂肪幹細胞研究会 CRF協会にて規定された正規プロセス証明書を施術後に患者さまへ発行しております。
施術中の患者さまは麻酔が効いて眠っている状態ですのでCRF抽出のプロセスを確認することができません。確認ができないということは、クリニックによってはこのプロセスの一部を省くこともできてしまいます。なかには協会に入らず正しいCRF抽出のプロセスを行わない悪質なクリニックの存在も報告されているようです。
CRF正規プロセス証明書を発行するということは、コンデンスリッチファット(CRF)療法を行う際に、CRF協会が定めた正しいプロセスによって施術を行ったことの証明となります。

マイクロCRF注入(顔の脂肪注入)の施術4

マイクロCRF注入(顔の脂肪注入)の施術2

※効果には個人差があります

院長のワンポイントアドバイス

院長のワンポイントアドバイス顔の脂肪が落ちると輪郭が角ばって、きつい印象に見えたり、老けて見られたりしがちです。そういった部分がふっくらすると優しい印象になります。また、目の上のくぼみが生じてくると、二重のラインが不安定になって、三重になったり、三角目のような印象になります。これはマイクロCRF注入による改善が適しています。今まで最高といわれていた幹細胞注入を超えた画期的施術です。

他の施術との比較

ヒアルロン酸注入 W-PRP プレミアム (セルリバイブ ジータ™) マイクロCRF注入
治療内容 ヒアルロン酸を注射器で注入する。 採血した血液から高濃度の血小板と白血球に細胞成長因子(FGF)を添加し、注射器で注入する。 脂肪を採取し、余分な細胞を取り除き、健全な脂肪の中でも、さらに細かい脂肪のみを抽出して注射器で注入する。
適応 額・眉間・目尻・目の上のくぼみ・目の下のクマ・こめかみ・こけた頬・法令線・涙袋・顎のライン・鼻筋のライン・薄い唇 額・目の下のクマ・目尻・法令線・唇・顎のライン・薄い唇 額・眉間・目尻・目の上のくぼみ・目の下のクマ・法令線・唇・涙袋・顎のライン・鼻筋のライン・薄い唇
注入する素材 ヒアルロン酸 採血した血液の高濃度の血小板と白血球に細胞成長因子(FGF)を添加したもの 採取した脂肪の余分な成分を取り除いた健全な脂肪
即効性 あり なし 少しあり
持続性 短期 短期 長期
質感 青く透ける しこりになる場合がある 自然
肌の活性化 なし あり あり
施術時間 数分 約30分 約1時間半
ダウンタイム(注入部位) なし 数日 なし

※効果には個人差があります

施術に関すること

処置時間約1時間
痛み点滴麻酔を使用するため、施術中の痛みはありません。
数日、筋肉痛程度の痛みがあるものの内服薬でコントロール可能な範囲です。
※運動制限はありませんが、当日の車の運転は避けてください
メイク翌日より可能
洗顔翌日より可能
シャワー施術部位以外は翌日より可能
固定部位は3日目から可能
入浴抜糸後(7日目)可能

マイクロCRF注入(顔の脂肪注入)の効果

  • 特徴
  • 症例
  • 施術の流れ
  • 料金
  • キャンペーン
  • お悩み相談集