ページトップに戻る

PRPマトリックス

  • 特徴
  • 施術の流れ
  • 料金
  • キャンペーン
  • お悩み相談集

リスクを回避したPRP再生医療

PRPマトリックス『PRPマトリックス』は、メスの要らない血液採取と注入だけの気軽なアンチエイジング施術です。PRPと良質なヒアルロン酸を合わせた治療であり、顔や手の若返りに有効。
PRP(多血小板血漿)とは、自己血液から抽出される、血小板を高濃度に濃縮させた液状成分のことで、創傷治癒(体内の壊れた組織の修復)の作用があります。目の下のクマ解消など、細部のアンチエイジング治療に効果的ですが、今まではPRPの効果を引き出すために、外部から成長因子(グロスファクター)を加える必要がありました。
しかし、その方法だと、化学物質の影響で注入箇所が不自然にふくらむ(肉芽)リスクを避けられませんでした。
そこで、そのリスクを抑えるために新しいメニューとして追加することになったのが『PRPマトリックス』です。PRPと良質なヒアルロン酸を合わせることで、そのようなリスクを排除できる再生医療が可能になったのです。

肌再生に効果的なスキャフォルド(足場)

再生に必要な細胞を安全かつ効果的に集めるためには、スキャフォルド(足場)と呼ばれる、土台が必要です。なぜなら、土台がないと創傷治癒効果の高いPRPが留まらず、流れていき効果が薄くなってしまうからです。ヒアルロン酸は、そのための重要な土台の役割を果たす作用があり、PRPなどの液性因子を吸着、組織が修復・成長をする理想的な環境を提供します。
『PRPマトリックス』とは、ヒアルロン酸を加えることで、PRP本来の持つ、根本的な肌の若返り効果を長く持続させる治療です。

顔のシワを根本から解消し、肌の若返りが行えます

肌のシワやくすみ、シミ、皮膚の色ムラが気になる方にPRPマトリックスは有効です。注入箇所付近に、コラーゲンやエラスチンが集まってくるメカニズムのため、自然に美肌効果が出るからです。また、PRPの再生効果にヒアルロン酸の即効性も加わったことで、確実な効果が長期的に続きます。
治療法は、額やこめかみなどに広く“面”で注入する方法と、目尻やほうれい線などへ“線”状に入れる方法の2つ。再生医療に特化したTHE CLINICならではの、画期的なアンチエイジング施術です。

PRPマトリックスの施術2

PRPマトリックスの施術3

院長のワンポイントアドバイス

院長のワンポイントアドバイス『PRPマトリックス』は、体内組織を若く修復させるPRPとヒアルロン酸を合わせた治療。エイジングケアに悩むすべての女性へおすすめできる、根本的な若返り治療です。

これまでの血小板注入療法との違い

従来のW-PRP W-PRP プレミアム (セルリバイブジータ™) PRPマトリックス
概要 自分の血液から採取した 高濃度の血小板と白血球を注入 自分の血液から採取した 高濃度の血小板と白血球に、細胞成長因子 FGF 添加・注入 自分の血液から採取した 高濃度の血小板と白血球に、ヒアルロン酸を加えて注入
注入物 血小板血しょう+白血球 血小板血しょう+白血球+成長因子 血小板血しょう+白血球+ヒアルロン酸
自己組織 血小板血しょう+白血球 血小板血しょう+白血球 血小板血しょう+白血球
添加製品 なし 成長因子 ヒアルロン酸
リスク ほぼなし 肉芽形成(ふくらみ) ほぼなし
ダウンタイム 腫れの長期化や内出血の懸念あり 腫れは2・3日をピークに約1週間で徐々に収束 腫れは2・3日をピークに約1週間で徐々に収束
持続性 約1年程度(効果がある場合) 最大3年以上(個人差あり) 最大3年以上(個人差あり)

施術に関すること

処置時間抽出30分
注入5分
痛み施術には麻酔クリームを使用しますので、ご安心ください。一時的な赤みやほてり、注射による内出血を生じることがありますが数日で緩和されます。
メイク当日可能
洗顔当日可能
シャワー当日可能
入浴当日可能

PRPマトリックスの効果

  • 特徴
  • 施術の流れ
  • 料金
  • キャンペーン
  • お悩み相談集