ページトップに戻る

BRAVA×コンデンスリッチ豊胸

  • 特徴
  • 症例
  • 施術の流れ
  • 料金
  • キャンペーン
  • お悩み相談集

脂肪注入への併用で再注目されるBRAVA

BRAVA×コンデンスリッチ豊胸BRAVA(ブラバ)とは、アメリカFDAの認可を受けた初の豊胸機器です。ドーム型のカップをバストに吸着させ陰圧をかけることで、バストの皮膚や組織を伸ばしバストアップさせるというもの。10年程前に一度普及しましたが、期待ほどの高い効果は得られなかったため、いつしか使われなくなっていました。
そのBRAVAが今、海外で再び注目を集めています。理由は、脂肪注入の定着を高められるため。BRAVAを使用することによって、バストを脂肪が定着しやすい状態にできることが近年の研究で判明したのです。
そういった背景を受け、THE CLINICでは定着率の高いコンデンスリッチ豊胸に併用するサービスを開始しました。

注入スペースを広げ、
血流を活性化するBRAVAの効果

BRAVA(ブラバ)を装着するのは、コンデンスリッチ豊胸を行う前後。術前の着用には、皮膚や皮下組織を伸ばしたり拡張したりする目的があります。これにより注入スペースが広くなるため、脂肪に内圧のかかりにくい、定着しやすいバストの状態をつくることが可能です。そのため、元々のバストが小さいなど、皮膚の伸び率の低い方に特に有効と言えます。
また、術後の着用では陰圧の刺激により血管が新生され、乳房内の血流が増加。定着に必要な栄養をより多くの脂肪に行き届かせることができるようになるため、定着率アップにつながります。
これらBRAVAの2つの作用と、良質な脂肪であるコンデンスリッチファット(CRF)の使用、そして細かく分散注入するマルチプルインジェクション技術が融合したこちらのサービスでは、より高い豊胸効果が期待できます。

BRAVA×コンデンスリッチ豊胸の施術1

BRAVA×コンデンスリッチ豊胸の施術2

院長のワンポイントアドバイス

院長のワンポイントアドバイスBRAVAは元々、手術なしで胸を大きくするという器具で開発されたものです。当時は私の患者様にも多く体験してもらいましたが、BRAVA単独では正直効果が期待できませんでした。しかし、脂肪注入との併用で定着が非常に良くなることが有名な医学雑誌でも証明され、美容外科・形成外科医の間で今一番注目の手術となっています。
特にA~Bカップといった、今ボリュームがない方には特に高い効果が立証されており、おすすめの施術です。

施術に関すること

処置時間[手術] 2〜3時間
[BRAVA推奨期間] 術前2週間、術後1週間、それぞれ一日10時間の着用(睡眠中でも可)
痛み筋肉痛程度
メイク当日可能
洗顔当日可能
シャワー3日目より可能
入浴抜糸後から可能

BRAVA×コンデンスリッチ豊胸の効果

  • 特徴
  • 症例
  • 施術の流れ
  • 料金
  • キャンペーン
  • お悩み相談集