ページトップに戻る

ベイザー4Dスカルプト(4D Sculpt)

  • 特徴
  • 症例
  • 施術の流れ
  • 料金
  • キャンペーン
  • お悩み相談集

ベイザーミケランジェロを超えた ダイナミックなデザイン技術

ベイザー4Dスカルプト(4D Sculpt)3Dデザイン技術と言えばこれまでは、日本で“ベイザーミケランジェロ”という名称で展開されているベイザーハイデフでした。お腹周りの陰影を創る技術として注目を集めましが、体格によって仕上がりが変わってしまうことと、静的な状態でのデザインだったため、“人形のような”デザインになってしまうケースもありました。
そんなデザインの不自然さを改良すべく開発されたのが、このベイザー4Dスカルプト(4D Sculpt)です。4Dとは「3Dデザイン+D」という意味。動いたときの状態も想定し、より解剖学を強化した「Dynamic」な要素を付加しています。これにより腹筋の浮き出たお腹だけでなく、パワフルな上腕や厚い胸板まで表現することが可能になったのです。

ベイザー4Dスカルプト(4D Sculpt)の施術1

たくましさをアピールする 上半身に特化したメニュー

ベイザー4Dスカルプトは特に、筋肉の陰影を強調することでたくましさを感じやすい、上半身に適した技術だと言えます。つまり、上腕、胸、腹部です。
様々な筋肉が重なり合った上腕では、その立体感を細かく表現します。胸の場合は、腕や腹部とのバランスも考えながら、大胸筋が浮き出るよう脂肪を吸引。もちろん腹部は、動きに自然に対応するようなシックスパック(6つに割れた腹筋)をデザインすることが可能です。

ベイザー4Dスカルプト(4D Sculpt)の施術2

認定医だけが提供できるサービス

ベイザー4Dスカルプトは、ボディデザインの世界的権威であるDr.Hoyosが開発。高度な技術のため、Dr.Hoyosから直接トレーニングを受けたドクターだけにサービスの提供が許可されています。
このトレーニングは、全世界のTop Surgeonへ限定的に行なわれており、THE CLINICのドクター5名がベイザー4Dスカルプトのライセンスを取得しています。

ベイザー4Dスカルプト(4D Sculpt)の施術3

高度だからこそ体格ごとに応用が可能

デザイン前の体型は人それぞれ。肥満型の人もいれば、痩せ型な人も筋肉質な人もいます。本来なら、もともとの体型によって理想に近づくプロセスは異なるはずですが、従来の脂肪吸引技術では、どんな体型であっても同じようにただ吸引するだけでした。
しかし、ベイザー4Dスカルプトは上述のような特別なトレーニングを経て得られる技術であるため、そういった高度な応用にも対応することができます。

ベイザー4Dスカルプト(4D Sculpt)の施術4

認可ドクター責任担当

VASER 4D SCULPT(ベイザー4D彫刻)はトレーニングを受け、認可されたドクターのみが提供できるボディデザイン技術です。

VASER 4D Sculpt(ベイザー4D彫刻)の施術3

院長のワンポイントアドバイス

院長のワンポイントアドバイス今までの脂肪吸引は、「フラット」に脂肪を除去する事が普通とされてきました。ベイザー4Dスカルプト(4D Sculpt)の登場で、ただ除去をするというよりは、解剖学を意識した、本来の理想の身体へ近づける方法であると思います。
施術により形(フォルム)が変われば、身体に対する意識(コンシャス)が変わり、行動が変わり、習慣が変わり、その結果としての人生も変わってきます。

施術に関すること

処置時間2~3時間
痛み点滴麻酔を使用するため、施術中の痛みはありません。数日、筋肉痛程度の痛みがあるものの内服薬でコントロール可能な範囲です。
※運動制限はありませんが、当日の車の運転は避けてください
メイク当日可能
洗顔当日可能
シャワー3日目より可能
入浴7日目より可能

ベイザー4Dスカルプト(4D Sculpt)の効果

  • 特徴
  • 症例
  • 施術の流れ
  • 料金
  • キャンペーン
  • お悩み相談集