ページトップに戻る

まとめ

ドクターに技術力がないとどうなる!? 脂肪吸引の失敗写真5選

ドクターに技術力がないとどうなる!? 脂肪吸引の失敗写真5選

「他院で脂肪吸引したのですが、失敗したかも……。」そう言って修正の相談に来院されるゲストが後を断ちません。脂肪吸引において、吸引する場所や量を間違えるとどうなるのでしょうか? ここでは、他院の脂肪吸引の失敗で修正に来られたゲストの写真をもとに、失敗の原因を考えてみましょう。

脂肪吸引の失敗写真:二の腕のたるみ・引きつれ

吸引失敗でぼこぼこになった二の腕の失敗修正症例

他院で二の腕の脂肪吸引を受けられたゲストの写真がこちら。脂肪の取り過ぎによって、たるみが生じてしまったようです。また、溝のような引きつれは、浅い層の脂肪を取り過ぎたことが原因として考えられます。

脂肪吸引の失敗写真:お腹の深いシワ・突出したへそ

吸引失敗でできたお腹の深いシワとでべその修正症例

こちらは、他院でお腹の脂肪吸引を受けられたゲストの写真です。胸の下や上腹部には取りムラがあるのに、下腹部は根こそぎ脂肪を吸引されるという状態に……。
これが原因で上腹部と下腹部の間に段差ができ、深いシワが生じています。さらに、へそ周りの脂肪がなくなったことで、へそが不自然に盛り上がってしまいました。

脂肪吸引の失敗写真:お尻の下垂・バナナロール

他院での吸引失敗によるお尻の下垂の修正

この写真はお尻の脂肪吸引ではなく、太ももの脂肪吸引によって起きた失敗。お尻は不自然な形に、また下垂したことで太ももとの境目に“バナナロール”と呼ばれる肉の段差ができてしまっています。
これは、取ってはいけない脂肪を除去してしまったことが大きな原因。お尻と太ももの境目にある脂肪はお尻の支えになるため、残すべき脂肪なのです。

脂肪吸引の失敗写真:凸凹でいびつな太もも

脂肪吸引で凸凹になった太ももの修正

太ももの脂肪吸引は、一番失敗の相談が多い部位です。
こちらの写真も、他院で太ももの脂肪吸引を受けられた20代の女性。
太ももの外側には脂肪が残っていますが、前側はほとんど脂肪がありません。“全体的に凸凹な状態”は言うまでもなく、脂肪の取り過ぎと取り残しが原因です。

脂肪吸引の失敗写真:げっそりとコケてしまった頬

脂肪吸引でこけた頬をふっくらと修正

脂肪吸引の失敗は体だけでなく、顔でも起きています。
こちらは、他院で頬の脂肪吸引を受けられたゲストの写真です。その結果、頬がコケて外出が億劫になってしまったそう……。脂肪の取り過ぎが原因で、表情筋と皮膚が癒着していました。

失敗しないようにドクター選びは慎重に

病院ではなくドクター選びは慎重に

脂肪吸引を受けると決めた時、どんな基準でクリニックを選ぶでしょうか。クリニック選びはもちろん大事ですが、それ以上にこだわってほしいのがドクター選び。ご紹介した症例のように技術や経験値は、施術の成功を大きく左右します。
脂肪吸引で失敗しないよう、信頼できるドクターを選びましょう。