THE CLINIC まとめ

脂肪吸引で失敗が多い部位とは? 画像付きで解説

脂肪吸引で失敗が多い部位とは? 画像付きで解説

他院で脂肪吸引をしたものの、凸凹ができた、たるみができた……。そんな失敗相談が多く寄せられます。ここでは、よくある他院の失敗画像をご紹介するとともに、失敗が生じる要因について解説します。

失敗画像No.1 太ももの脂肪吸引で凸凹・たるみ

失敗画像No.1 太ももの脂肪吸引で凸凹・たるみ

こちらの画像の女性は、他院で太ももをはじめとする下半身の脂肪吸引を受けられました。あまりにもひどい仕上がりに驚いた方もいるでしょう。
状態を確認したところ、凸凹とたるみがひどく出ていました。この失敗は、必要な部分まで根こそぎ脂肪吸引されたことが原因。それにも関わらず、太もも側面の一部には脂肪の取り残しが多く見られました。

失敗画像No.2 お腹の脂肪吸引で凸凹・深い溝

失敗画像No.2 お腹の脂肪吸引で凸凹・深い溝

こちらは他院でお腹の脂肪吸引をされ、失敗相談にいらした女性の画像です。胸の下と上腹部には取りムラによるひどい凸凹が見られました。一方、下腹部は根こそぎ吸引されたことにより、おへそ周りにはでべそのような盛り上がりが……。さらに、取りムラの上腹部と根こそぎ吸引の下腹部の境目には、深い溝ができていました。

失敗画像No.3 二の腕の脂肪吸引でたるみ・引き攣れ

失敗画像No.3 二の腕の脂肪吸引でたるみ・引き攣れ

2年前、他院で二の腕の脂肪吸引を受けられた女性の失敗画像がこちら。二の腕のせいで温泉にも行けないと悩まれていました。
付け根部分は脂肪の取り残しが見られます。また、下側は全体的にボコボコがひどく、取り過ぎた部分にはたるみと引き攣れが混在していました。

画像に見る脂肪吸引の失敗要因はデザイン・技術力の低さ

画像に見る脂肪吸引の失敗要因はデザイン・技術力の低さ

これまでに見てきた失敗は、ドクターのデザイン力と技術力の低さが原因です。ゲストの状態を見る限り、以前施術を行ったドクターが脂肪引後のボディラインを考慮したデザインをしていなかったと考えられます。そして技術力の低さを強く感じるのが、取りやすい脂肪は集中的に吸引されているにも関わらず、取りづらい脂肪は取られていなかったということ。結果、凸凹やたるみ、引き攣れといった失敗を起こしてしまったのです。

脂肪吸引で失敗画像のような事態が起きないように

脂肪吸引で失敗画像のような事態が起きないように

画像のような事態が起きないようにするためには、技術力の高いドクター選びが必須。その点、THE CLINIC の技術力は一定の評価を得ていると自負しています。というのも定期的な他院のドクターへの脂肪吸引の技術指導を任せていただけているからです。これまで述べ200人以上のドクターに参加いただき、ともに新しい情報や技術をアップデートしてきました。また、他院の修正も積極的に受け入れています。
脂肪吸引でお悩みの方は、ぜひ当院のドクターにご相談ください。

関連するコラム

関連するお悩み相談

PAGE TOP