THE CLINIC まとめ

ブログに見る「顔の脂肪注入」 効果やいかに? CRF症例まとめ

ブログに見る「顔の脂肪注入」 効果やいかに? CRF症例まとめ

CRF(コンデンスリッチファット)は、自身の脂肪を一定の重力下で遠心分離器にかけ、不純物を排除したうえで濃縮した脂肪を指します。この良質な脂肪を注入することにより、顔のくぼみやコケを改善することが可能です。そこで今回は、当院のドクターブログより、顔の脂肪注入「CRF」の症例をご紹介します。

顔の脂肪注入ブログ1:額(おでこ)のくぼみ改善で若々しい印象に

顔の脂肪注入ブログ1:額(おでこ)のくぼみ改善で若々しい印象に

額(おでこ)のくぼみが気になると相談にいらした41歳の女性の症例です。実は、額は顔の脂肪注入の中でもお問い合わせが多い部位の一つ。丸い額は、女性の若々しさを表現する部位でもあります。
若い頃のハリのある額を取り戻すため、くぼみ部分にCRF(コンデンスリッチファット)を注入しました。良質な自己脂肪を注入することで、ふっくらとした額に。「若々しい印象になった」と、ゲストも非常に喜んでいらっしゃいました。

顔の脂肪注入ブログ2:頬のコケを改善し、健康的な印象に

顔の脂肪注入ブログ2:頬のコケを改善し、健康的な印象に

こちらのブログでは20代女性の症例を紹介しています。顔が痩せており、特に頬のコケをふっくらさせたいとのことで顔の脂肪注入を受けられました。頬がコケると、周囲に不健康な印象を与えます。そんなお悩みを改善するのが、CRF(コンデンスリッチファット)注入です。コケが目立っていた頬骨の下部分にCRFを注入しました。
術後1ヵ月、4ヵ月の画像を比較してみてください。時間経過に伴うボリュームの変化は感じられず、脂肪がしっかりと定着していることが見てとれます。自然でふっくらとしたお顔に仕上がりました。

顔の脂肪注入ブログ3:手術によるこめかみのくぼみも、CRFなら改善可能

顔の脂肪注入ブログ3:手術によるこめかみのくぼみも、CRFなら改善可能

こめかみのくぼみを改善したいとのことで、脂肪注入の相談にいらした52歳の女性です。以前大動脈瘤の手術を受け、こめかみがくぼんでしまったそう。くぼみが大きいからといって一度に塊の脂肪を注入しても定着しません。くぼみが大きければ大きいほど、CRF(コンデンスリッチファット)注入にはかなりの経験とテクニックが必要なのです。
このケースの結果は、無事にこめかみのくぼみが埋まってフラットになりました。術前のへこみ部分が分からなくなるほど自然になったことが、ブログの画像からもお分かりいただけることと思います。

関連するコラム

関連するお悩み相談

PAGE TOP