THE CLINIC まとめ

顔のたるみやシワの改善でよく知られている施術が、ヒアルロン酸やボトックス注射。しかしTHE CLINICでは、より自然な仕上がりになることから、脂肪を活用した若返り施術を受けるゲストが多くいらっしゃいます。今回は、実際に施術を受けた方の効果について検証していきます。

コンデンスリッチファットの注入で若さをプラス

コンデンスリッチファットの注入で若さをプラス

31歳女性、額の脂肪注入で自然なベビーフェイスが叶ったケースです。行った施術は、自分の脂肪から不純物を除去したコンデンスリッチファット(CRF)を注入するコンデンスリッチフェイス。加齢により凹んでしまった額やこめかみのボリュームアップに有効です。自分の脂肪であるため、滑らかに馴染み不自然になる心配もありません。丸みのある額は、自然に若々しい印象になることが写真を見て納得できるでしょう。

マイクロCRFの注入でお悩み+肌質改善

マイクロCRFの注入でお悩み+肌質改善

46歳の女性、目の下のクマ、法令線、マリオネットラインと言われる口元のシワに加えて、肌質まで改善したゲストです。 注入したのは、コンデンスリッチファット(CRF)をさらに微細にしたマイクロCRF。幹細胞を多く含んだジェル状の素材のため、目の下等の繊細な部位に注入しても凸凹になることがありません。肌を活性化させる作用もあるため、肌質改善にも繋がります。肌のトーンが明るくなっているのが術後の写真で分かります。

脂肪の使い分けで目の上のくぼみを解決

脂肪の使い分けで目の上のくぼみを解決

40歳女性の目の上のくぼみが改善されたケースです。施術方法は、まずボリュームを補う為に、まぶたの奥の眼窩内脂肪にコンデンスリッチファット(CRF)を注入。皮膚のたるみ改善には、真皮に皮膚の活性化作用のあるマイクロCRFを注入します。目の上のくぼみが改善されるだけで、随分と若々しい印象になりました。脂肪の定着後は、吸収されることがないため長くボリュームを保つことができます。

脂肪と糸を併用することで立体感のある顔に

脂肪と糸を併用することで立体感のある顔に

皮膚の張りを高める3Dセルリフトを行いました。特殊な糸で皮膚のたるみを戻すと同時に、確保されたスペースに自身の健全な脂肪細胞であるコンデンスリッチファット(CRF)を注入するリフトアップ施術です。
目元には微細な脂肪細胞を注入したことで、皮膚が活性化され細かなシワも改善されました。

関連するコラム

関連するお悩み相談

PAGE TOP