THE CLINIC まとめ

目の下のたるみ「黒クマ」は脂肪が原因!? 有効な治療法

目の下のたるみ「黒クマ」は脂肪が原因!? 有効な治療法

加齢と共に気になってくる老化現象のひとつに、目の下のたるみがあります。この、“黒クマ”とも呼ばれる目の下のたるみの原因をご存知でしょうか? 今回は、その原因と THE CLINIC が行う、目のたるみ治療についてご紹介します。

目の下のたるみ「黒クマ」の原因とより有効な治療

目の下のたるみ「黒クマ」の原因とより有効な治療

「黒クマ」は、目の下の皮膚の老化に加え、眼窩脂肪(眼球を包み込むように存在する脂肪)の下垂により目の下が膨らみ、影やくぼみが生じることが原因です。根本的な治療は、メスを使った目の下のたるみ取りや眼窩脂肪の除去手術。しかし、たるみの状態によっては注入治療のみで、くぼみを滑らかにすることができます。これまで注入素材として、ヒアルロン酸やコラーゲン、PRP(血小板)が一般的に用いられていました。しかしTHE CLINIC では、より自然で長期的効果、かつ肌の若返り効果もあるマイクロCRF(マイクロ・コンデンスリッチファット)が有効と考えています。

マイクロCRFが目の下のたるみ「黒クマ」に有効なワケ

マイクロCRFが目の下のたるみ「黒クマ」に有効なワケ

マイクロCRF(マイクロ・コンデンスリッチファット)は自己脂肪から抽出した成長因子と幹細胞を大量に含んだ微細な注入素材です。ジェルのようになめらかで、目の周りなどの繊細な部位へ注入してもデコボコになる心配もなく、自然にシワやくぼみを持ち上げます。
また、濃縮された幹細胞が血管や皮膚など様々な細胞に分化。このような作用により、注入部分の周辺組織が再生され、根本から皮膚を若返らせることができるのです。

実際の症例に見るベストな目の下のたるみ「黒クマ」改善

実際の症例に見るベストな目の下のたるみ「黒クマ」改善

目の下のたるみ「黒クマ」の改善には、マイクロCRF(マイクロ・コンデンスリッチファット)注入のみ行う場合もありますが、たるみの状態によっては脱脂とマイクロCRF注入両方を行う場合、または脱脂のみを行う場合があります。
こちらのゲストは、眼窩脂肪による膨らみがあったため、目の裏からの脱脂とマイクロCRFの注入を組み合わせた治療を行いました。眼窩脂肪は取りすぎると窪み過ぎてシワができたり、逆にやつれて見える場合もあるため、バランスを見ながら適量を取り除くことがポイントです。
術後は目の下のたるみが随分改善されました。

関連するコラム

関連するお悩み相談

PAGE TOP