THE CLINIC まとめ

ママさん必見! 授乳後のコンデンスリッチ豊胸の症例まとめ

ママさん必見! 授乳後のコンデンスリッチ豊胸の症例まとめ

授乳によるバストのたるみは、乳腺組織の萎縮と皮膚の伸展が原因です。妊娠・出産前のような服装ができなかったり、バストを見たくなかったり……。自信を失くしてしまう方も少なくありません。コンデンスリッチ豊胸でハリのあるバストを手に入れて、自信を取り戻しませんか?

【Case.01】余った皮膚がバストアップ成功のカギに

【Case.01】余った皮膚がバストアップ成功のカギに

授乳を終えた30代女性の症例です。痩せ型のため、デコルテの寂しさが際立ちます。授乳後のバストは乳腺組織が萎縮することで、一度伸びた胸の皮膚が余ってしまいます。実は皮膚に余裕がある胸は、脂肪の定着に有利。つまり、授乳経験をお持ちの方は、より脂肪注入豊胸に適していると言えるのです。
こちらのゲストもその一人で、コンデンスリッチ豊胸によってボリュームのあるバストに仕上がりました。

【Case.02】痩せ型でも脂肪注入でふんわりバストに

【Case.02】痩せ型でも脂肪注入でふんわりバストに

身長160cm体重40kg後半の痩せ型の女性です。痩せ型は採取する脂肪があまりなく、コンデンスリッチ豊胸は困難だとお考えの方もいるはず。
(身長cm)−(120)kgの体重くらいまでで、40kg以上あれば問題ありません。実際にこの画像の女性は痩せ型ですが、片胸240ccずつの脂肪を注入しました。
デコルテ部分の骨が目立っていましたが、丸みを帯びたきれいなバストになったことが術後の写真からも分かります。

【Case.03】2度のコンデンスリッチ豊胸で確実にバストアップ

【Case.03】2度のコンデンスリッチ豊胸で確実にバストアップ

1度目のコンデンスリッチ豊胸で採取した脂肪が余ったため、1ヶ月後に再注入をしたゲストの症例です。初回が両胸で180cc、2回目は50ccの注入を行いました。痩せ型の人は2回に分けて注入することで、脂肪の定着がより良くなる場合もあります。この方もそのひとりで、写真から読み取れるように確実なバストアップができました。

【Case.04】若々しいハリのあるバストに

【Case.04】若々しいハリのあるバストに

バストをできるだけ大きくしたいという思いから、中にはコンデンスリッチ豊胸を2度受けられる方もいます。この方は、授乳の影響で萎んでしまったバストに悩まれ、2度のコンデンスリッチ豊胸を受けた47歳女性の症例です。
授乳後のバストに自信を失くしていたゲストですが、2度目の手術が終わる頃には笑顔に溢れていました。47歳のバストとは思えないほど、ハリのある仕上がりになったことがお分かりいただけると思います。

関連するコラム

関連するお悩み相談

PAGE TOP